Römer Glas    
   ドイツ伝統のワイングラス
(レーマーグラス)
 
 
■ ホーム.....  ■オンライントップページ .....   ■ ご注文方法...   ■ かごの中を確認する...  ■ お問い合わせ...


ドイツのレストラン・居酒屋で今なお使われているワイングラス レーマーグラス の由来はいくつかあります。

中世内陸の森で暮らしていたゲルマン人は、ガラス原料のカリにブナなど樹木の木灰を使っていたので、
緑色がかった色をしていました。このカリガラスあるいはバルト グラス(森林ガラス)の名残りを脚部にとどめながら
数百年の変遷を経て現在の形に落ち着いたとされるもの。

そしてレーマーグラス(ローマ的グラス)と言われるように、
約2000年前にローマ人がブドウの木とともにドイツの地にもたらしたという説もあります。
滑り止め機能を持つ、おもに深緑色をした溝入りの脚部が特徴的で、ブドウのガラス細工がついた物もあります。



 
 現代的レーマグラス

 伝統的レーマーグラス


( ご利用のモニターよって実際の色とは多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 )

当サイトで公開されている画像は全て UNICORN Heidelberg 及び ユニコンオンラインショップ が保有します。
許可なく著作権画像を掲載することは禁じられております。

copyright c 2000-2018 unicorn web-team (Germany / Japan ) all rights are reserved.